Laravelの環境構築

Laradockを利用する方法などあるが、下記はUbuntu18で
php7.1とcomposerを使ってインストールしていく方法のメモ
 

PHP7.1をインストール

Laravel 5.0 はphp7以上が必要なので入れていく。
ubuntu16の手順だけど下記サイトが分かりやすかった。
Ubuntu 16.04 で PHP 7.2 を使う手順
意外とPHPのバージョンを指定してUbuntuにインストールする方法が載ってないのでまとめる

# 7.0以下ならアップグレード
php -v

# Ubuntu
sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt install software-properties-common
sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php
sudo apt install php7.1 php7.1-fpm php7.1-mysql php7.1-mbstring php7.1-zip php7.1-xml

# Cent
#sudo yum install -y --enablerepo=remi-php71 php

 

sqlite3 をインストール

# sqlite3本体
#sudo apt purge sqlite3 先に古いのを削除する場合
sudo apt install sqlite3

# PHPからSQLiteへ接続するドライバーをインストール
sudo apt install php7.1-sqlite3

 

composerをローカル環境にインストール

composerのインストールコマンドをコピーしておく
https://getcomposer.org/download/

# コピーしたコマンドを実行していく
mkdir -p ~/src
cd ~/src/
php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === 'c5b9b6d368201a9db6f74e2611495f369991b72d9c8cbd3ffbc63edff210eb73d46ffbfce88669ad33695ef77dc76976') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
./composer.phar --version
mv composer.phar /usr/local/bin/composer
php -r "unlink('composer-setup.php');"

 

Laravel でプロジェクトを作成してみる

Laravel5.5 で myblog というプロジェクトを作成する
最新バージョン … laravel/laravel
バージョン指定 … laravel/laravel=5.5
という風にバージョンを指定することができる

php -m | grep -e openssl -e PDO -e mbstring -e tokenizer -e ^xml$
mkdir -p ~/dotinstall/Laravel_5.5
cd ~/dotinstall/Laravel_5.5/
composer create-project --prefer-dist laravel/laravel=5.5 myblog
cd myblog/
php artisan --version
php artisan serve --host 0.0.0.0 --port=80

# php artisan serve だと
# 127.0.0.1:8080 で上がってくる
カテゴリー: 技術

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です