Unity Setup for Windows

Unity Setup for Windows

Unity で VSCode を使い、補完できるようにするまでのメモ(2021/8/15 現在)

Unity Hub インストール

Unity Hub は 複数バージョンのUnityをインストールして、
プロジェクトごとにバージョンを切り替えれる便利なツール

UnityはPersonalプランであれば、無料で利用できる
(収入ならびに資金調達の合計が年間 10 万ドルを超えない場合)

Unity をダウンロード

欲しいバージョンのUnityをインストール

欲しいバージョンの 「Unity Hub」 ボタンをクリックすると、
Unity Hub が開き、インストールが始まる。
(Unity 2019.4.21 が欲しかったので、それを落とした)

Unity download archive

.NET Framework 4.7.1 インストール

VSCode のインテリセンスは OmniSharp と呼ばれる技術で動いてるらしい
補完できるようにするには、.NET Framework 4.7.1 の Dev Pack を入れる必要がある

Download .NET Framework 4.7.1 | Free official downloads

同じ 4.7.1 でも Dev Pack じゃなきゃダメなので注意

PCを再起動する

.NET Framework 4.7.1 インストール直後は、
OmniSharpのパスが効いてないと思うので、PCを再起動しておく

External Script Editor を VSCode に設定する

Unityで使用するスクリプトエディターを Visual Studio Code に変更した上で、
C#のプロジェクトを開いておく

# External Script Editor を変更する
Edit -> Preferences -> External Tools
External Script Editor: Visual Studio Code

# Assets -> Open C$ Project


Unity Tips | いろいろ

git clone unirx-test

(自分用のメモ) UniRx の サンプルを動かすためのリポジトリをcloneする

mkdir -p /mnt/c/projects
cd /mnt/c/projects/
git clone https://github.com/teityura/unirx-test.git
cd unirx-test/

.gitignore を追加する

Library, Build … など、
GitHubで管理する必要のないフォルダやファイルを除外する際に、
下記の .gitignore が参考になった

curl https://raw.githubusercontent.com/github/gitignore/master/Unity.gitignore > .gitignore

.git/info/exclude を追記する

.gitignore には書きたくないけど、除外したいフォルダがある場合

cat << 'EOF' > .git/info/exclude
.vscode/
exclude/
EOF

コメント

タイトルとURLをコピーしました